fc2ブログ
   
09
3
6
7
9
11
12
13
15
16
17
19
20
23
24
26
29
   

なまらうまいっしょ♪

★なまらうまいっしょ(とっても美味しいですよ)★

北海道のお友達から大きなカボチャとメークインを戴きました。
早速開封して半分を娘に送りました。





保存方法

メークイン
直射日光を避け風通しがよく涼しい場所に保存する。
3~5℃ぐらいの場所が適していると追われていますが
ダンボールにリンゴ1個を一緒に入れておくと発芽を押さえることが出来るそうです。

カボチャ
カットしたものタネとワタを取り除きラップに包んで冷蔵庫に保存。
またはカットしたものを硬めにゆでて冷凍しておくと弁るです。
スポンサーサイト



ジャスミン茶

ジャスミンティをいただきました。

ご近所から中国のお土産にジャスミン茶をいただきました。
私も北京に行った時レストランで、ジャスミン茶が食事の時に出てきました。
でも花はついていませんでした。
日本ではティバックが多いようです。







器に蕾のようなジャスミンの花を入れ,ぬるめのお湯を注ぎます。
乾燥したジャスミンの固まりがゆっくりひらきます。
数分で開ききり、見た目も綺麗で花の香りも楽しめました。





田舎の道をブラブラ・・・・・。

道端に咲く花をスライドにしました。
「暑さ寒さも彼岸まで」と云いますが、お彼岸が過ぎてからも、空は高く感じるものの
今日もあついでした。
デジカメ片手にぶらぶら歩いてきました。




鳥取島めぐり

浦富海岸景勝地めぐり

先日梨狩りの行った時島めぐりをしました。
浦富海岸 島めぐり遊覧船で日本海に出ると流石に波は荒く40分ほどの島めぐりは
ダイナミックな日本海を満喫することが出来ました。






山陰の松島ともいわれている素晴らしい景勝地です。
千貫松島



岩燕洞門



太郎兵ェ島
漁をしていた太郎兵衛という人が、おおしけに会って船がひっくり返り、泳いでようやくたどり着いた島がこの島でした。太郎兵ェさんは終生この島を大切にしましたというお話でした。



菜種五島
4月の初めごろ頃に野生の菜の花が咲くそうです。昔、この海域を行く船が難破し、積荷の菜種が島に漂着したようです。






島めぐり遊覧船のりばにイカがくるくる回って干してありました。
少しあぶって食べると美味しそう・・・・。



遊覧船の船長さんがいろいろ島のいわれを説明してくださっていましたが
覚えきれなくて・・・・。
ほんとにすばらしい島々でした。
「日本海の荒波」とよく聞きますが波が荒くて船酔い寸前でした。

カラスウリの花




昨年庭に植えたカラスウリの芽が出て今年は庭で採ることが出来ました。
夏の夕方暗くなった頃からレースのような白い花が咲きました。
懐中電灯を片手に咲いたカラスウリを一輪一輪採って押しました。




ところでカラスウリは庭に植えるとよくないという話が出ました。
なんだか気になっていますが、そんな話 聞かれたことありますか?
カラスウリの根っこを引き抜こうかと思っていますが折角根付いたのにもったいないと
いう気もあります。
何かご存知の方教えてくださいね。



梨狩り

・・♥梨狩り♥・・

本場鳥取梨狩り食べ放題のバスツアーに行ってきました。
梨園でプラスチックのナイフをもらって、二十世紀梨ジューシーで美味しかったです。
食べ放題ということで、少しもったいない食べ方をしている人もいたようですが
私は2つもぎましたが満腹でした。




オレンジの籠に皮を捨てるようにところどころ置いてあります。



梨には袋がかけてあるので手の感触で大きさを見ますが
色は見えません、まれにはあおい梨もあったようです。



梨の袋に蝉の抜け殻が・・・。



満腹になった後は少しバスに乗って鳥取砂丘に・・・・・。



お天気も良く目の前に砂の海が・・・壮大パノラマが広がって素晴らしいでした。






砂丘で結婚式を挙げたカップルに出会いました。



サラサラの砂で芸術の像が置いてありました。
少し触ると崩れそう・・・。


敬老の日

♪幸せの贈り物♪

9月の第3月曜日が「敬老の日」ということでお花が届きました。
敬老の日を祝ってもらうのはまだまだと思っていましたが・・・・。
母の日・父の日・敬老の日といつも感謝の気持ちを花好きを知ってか今回も竜胆の花を
届けてくれました。




「誠実」という花言葉を持つリンドウは秋の野の花のひとつで
深みのある青紫の花に,菊模様が可憐な横浜捺染のハンカチーフをあわせて
可愛くセットしてありました。

日本女性の長寿は世界一だそうです。
長生きもいいのですが、お花を贈ってるれる子にお世話にならないように
日々過ごしたいと思っています。

松竹新喜劇

笑って泣いて60年 御礼公演

劇団創立60周年の記念講演を観に行ってきました。
一幕「裏町の友情」の後六〇周年を記念して劇団員が
一人ひとり舞台から挨拶がありました。

       松竹座の緞帳


          花道の横でいい場所でした。






第三幕の「はなのお六」は藤山直美さん演じるお六。
大和吉野で貧しく暮らしていたお六は家族の嘆きを見るに堪えかね、
お金儲けをしようと江戸に向かいます。
その頃有馬家の大名屋敷では宝物の白旗を紛失したとかで、てんやわんやの大騒動。
そこへ現れたのが,江戸に着いたばかりのお六。
お六は自慢の鼻を利かせて、旗の在りかを探りあて幸せをつかむというストーリー。

ポインセチアに似た花?

★ シ ョ ウ ジ ョ ウ ソ ウ ★

丁度今頃頭頂部の葉がいレンジ色に変わり、ポインセチアみたいでしょう!
実も愛嬌があってとても面白いです。
葉の形もバイオリンみたいで・・・・・。
いったいどこが何で、どこが花で、どれがおしべやら・・・・。















昨年の種があちこちに散ってとんでもないところで、ここにいるよ!!
って赤く色ずいて知らせてくれます♪

秋の七草・くず

★くずの花★

秋の七草のひとつで、道路わきに蔓性のくずが生えていました。
茎は長くのびて、夏から初秋にかけて咲き少し芳香がありました。












小さい葉は裏面がい。




蔓は丈夫でものを束ねるのに使い、根はでん粉を採ります。
くず粉はくず湯やゴマ豆腐などの良く使っています。

プロフィール

ピース

Author:ピース
FC2ブログへようこそ!

四季折々のお花、日々の出来事などをマイペースで綴っていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR