fc2ブログ
   
03
2
3
6
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
29
30
   

しだれ桜の開花

             
     行く先々で義援金ボックスを見かけます。
     みんなで応援しています。
 
近所のモクレンが咲き始めました。
秋には、大きな葉っぱ風で飛んできます。ちょぴリ迷惑!

 
村のはずれで綺麗な枝垂れ桜が咲きました。 

 

 
ショウジョウバカマ 
我が家の中庭で毎年咲きますが、今年は屋根から落ちた雪が
いつまでもとけず長い間雪の下敷きになっていましたが
今年も咲きました。
 
花言葉「飲みすぎに注意して」だそうですよ。
お酒のお好きな方、花言葉をお忘れなく。

 

 
ユキワリソウ
3月の中旬頃に咲きましたがアップするチャンスを逃しました。
今は花弁が落ち種のようなのが出来ています。 

 
             
スポンサーサイト



快晴の空の下で・・・・。


たかさんにプレゼントしていただきました。
皆さんコピーして使ってください。
 
 
ユキヤンナギ
 枝が柳のようで白花がいっぱいつきます。
真っ白い花が青い空の下でとっても綺麗です。

 
花言葉 ・・・愛嬌

 
 
アセビ
可愛い花はスズランやドウダンツツジ似ています。

 
アミガサユリ 
球根が2つにわかれて貝見たいなのでバイモともいいます。

 
どれもうつ向いて咲くので ちょっと上向いてもらいました。

 
 カランコエ・ミラベル
2月の はじめ頃まだ蕾が小さく白いでしたが
今ようやく赤い可愛い花が開きなじめました。

 

 
カタクリ
我が家の百日紅の木の下で待望のカタクリの花が咲きました。
4月の中頃になると葛城さんにカタクリが群生して咲きます。
見に行きたいと思っています。

 
    
 

春を告げる花達

3月11日の東北・関東大地震おいて被災された皆さま
心よりお見舞い申し上げます。
またこの震災で、お亡くなりになられた方、心からお悔やみ申し上げます。
被害は日ごとに大きく報道されていますが、放射線のことも気がかりです。
テレビや新聞で被害を見るにつけ、狭い避難所でのお身体の
ご無事と心の健康を祈ることしかできない私ですが
どうか一日も早く復興されますように心よりお祈り申し上げます。
 
 あの甚大な震災から2週間が経ちました。
今までは記事を書く気にもなりませんでしたが私の気持ちも少し
落ち着いてきましたのでパソコンを開く気になりました。
 
春を告げる庭の花々が咲き出しました。
 サンシュウ

 線香花火がはじけたようなそんな愛らしい花が咲いてます。

 
魚柳梅
昨年買ったのですが少し大きくなり今年も梅のような花が咲きました。

 
トサミズキ

 
タラヨウ

 
ねこやなぎ
生け花の残りを挿し木したものです。

 
 
花言葉
「努力が報われる」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
沈丁花
蕾が出来てから随分長く咲いてます。
遠くにいても匂ってきます。

 

藤岡家住宅

登録有形文化財「藤岡家住宅」に行って来ました。 
               奈良県五条市近内村
 
入館料300円と手ごろでガイドさんが案内してくださいます。
藤岡家のお部屋や展示品などお食事前に案内して説明してくださいます。
 
この藤岡家は江戸時代近内村の庄屋であり
   
質商、薬種商、紺家なども 営んでいた。江戸時代は母屋付近の往来 
も、多かったと伝えられています。 
 江戸時代の当主藤岡長兵衛は
 飢饉の時には米蔵を開放するなど
大勢の人々を救い地域のために尽くした人だと伝えられています。 
 
煙出し小屋根
 屋根には「かまど」の煙を出すため小屋根が設けられています。

 
玄関には見事な盆梅が・・・

 
屋久杉を使った凄いセットが置いてありました。 

 
屋久杉を使われた天井と欄間 
屋久杉で回りは黒柿の木が使われています。

 
 

 
部屋にはこのような火鉢がありました。
高貴な方が休憩に使用された
物だそうです。
葵の紋が入っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 二階には 藤岡家の使われていた品々が展示されています。

 
この琴は今も深い音色を奏でるそうです。 

 
         藤岡家の雛飾り 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ここは、藤岡玉骨(ぎょっこつ)(1888~1966年)という俳人の生家です。
東京帝大卒で内務省につとめる傍ら、佐賀県、和歌山県、熊本県の知事を
歴任し、退官後に高浜虚子に師事して俳人となったそうです。
歌人の与謝野鉄幹や晶子夫妻とも親しかったそうです。

 
 
 森鴎外の書

 
 ガイドさんの説明の後お食事いただきました。

 

 
中庭には樹齢250年の長兵衛梅

 
 敷地は400坪と立派な建物、まだまだ紹介しきれないものがありますが
機会があればまた行っ見たいと思いました。

生け花女性作品展

自然とともに・・・ いけばな女性作家展 ジュニアいけばな展

大丸心斎橋店本館7階会場で、いけばな女性作家展が開催されています。
お友達からお誘いを受けて行って来ました。

沢山の作品が所狭しと並んでいました。
個性があふれ、心惹かれる作品が沢山ありました。
大きな枝など重さがあり止めにくいのですが、見事に生けてありました。

使われていた花材
枝垂れ柳・本桜・藪椿・ひば・落羽松



スライドにして見ました。


知香流
生け花の前に可愛いお人形が置いてありました。 



今回の花展ではジュニア生け花展もあり
子供達の感性の豊かさ、柔軟さに感心しました。
この感性を失うことなく心豊かに成長してほしいと思いました。



町家のひなめぐり

今年で5回目の町家の雛めぐりに行って来ました。
天壇のお雛様には、ほんとに圧倒されます。 

 
可愛い市松人形 

 
                     子供の成長を願ってこんな可愛い
                               いちまさんを送られたようです。

 地域の皆さんで作られた餅花 
      
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 メイン会場のテーマ、今年は竹取物語
 


 

 

 
ジャンボ干支うさぎ
地区の老人会の方たちで作られたそうです。

 
 
お雛様の飾り方を凄く工夫されたのでしょうね 

 
ポケットパーク
夢創館の隣で風情のある花々が飾られていました。

 


 
 

今週の花

明るい早春の1作
 

今回の花材
   花言葉

花もも       貴方に夢中     

アイリス      使者

小菊        真の愛

玉しだ       清々しい愛
 

  
★生け方のポイント
花桃は直上する枝の伸びやかな姿が大切です。
その持ち味を生かすために枝を交差させないように用いる。

 
 
 
桃の花も アイリスも開花してから生けようとしばらく暖かい部屋に置いていましたが、花桃は
なかなか開きませんでした。      
 
 
 
 
 
 
 



奈良東大寺二月堂

 奈良東大寺二月堂
 
関西では奈良のお水取りが終わると春が
来ると云われています。
東大寺荷二月堂の修二会は奈良時代から開始以来
一度も休んでいないそうです。
 
奈良東大寺の僧が3月1日から14日まで
二月堂の本尊十一面観音の前で世の中の
罪、けがれをはらいその年の豊作を願う修二会の行事です。

 

 

 
この欄干からお松明がたかれます。

 

 

 
お水とりを前に お松明で使用される竹が奉納されていました。
この竹の先でたいまつが燃えているのを一人で担いで
回しながらはしるのは大変だろうな~~
 
こうして竹を立てかけてから奉納される人の名前が書かれています。
竹の長さ8m、直径10cm重さ、8㎏とか・・・。
根が付いているのは??

静かなお茶屋さんがありました。 

 
若草山 
お茶をいただきお天気もいいのでゆっくり散策しました。
若草山は奈良市のシンボル的な山で
毎年1月に山焼きが行われています。
鹿も日向ぼっこでしょうか長閑な風景でした。

 

       

プロフィール

ピース

Author:ピース
FC2ブログへようこそ!

四季折々のお花、日々の出来事などをマイペースで綴っていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR